第1回大会参加者・演題募集中

日本で初めての高齢者の心理的支援に関する学会が設立されました

日本老年臨床心理学会は、2018年3月11日に設立されました。

高齢者や高齢者をとりまく人々に対する心理的支援に関心を持つ人々が、科学的な根拠に基づいた心理学を基礎に、

高齢者の心に向き合い、研究活動をおこなうことを目的にしています。

高齢者の心理的支援にかかわる心理職・研究職の方はもちろん、

心理学以外の領域の専門職および研究職の方の入会をお待ちしています。 


Topix


大変、お待たせいたしました!

第1回大会の演題募集が始まりました。

大会案内のページに詳細をアップしました。

奮ってご参加くださいますようお願いいたします。

 

 

平成3085日(日)

 

 学会にとって初めてとなる、第1回研修会が開催されました。

 

 最初に、北村先生の講義で現在の老年心理学の基本的知識を確認したあと、心理職が聴講する機会がきわめて少ない高齢者に関連する制度の講義を内藤先生から、そして松田先生からは高齢者への心理的支援の実際を、わかりやすくお話しいただきました。学会としても、公認心理師試験はもとより、高齢者の心理的支援にかかわる専門職にとって、意義のある研修会となったと自負しております。

 ご参加くださった皆さま、講義をご担当くださった先生方、本当にありがとうございました。

 

大変お待たせいたしました。

第1回、第2回大会の日程および会場が決まりました!

これから申込み、発表登録、スケジュールなど、決まり次第、ホームページに情報を公開していきます。

来年となりますが、今から、どうぞ日程を空けていただき、ご参加をご検討くださいますようお願いいたします。

平成30年3月11日(日)午後、日本大学文理学部図書館オーバル・ホールにて、発起人総会によって学会が正式の発足、引き続いて、設立記念大会が開催されました。

ご来場の皆様には、心より御礼申し上げます。

当日参加の方も予想を上回り、発起人会ならびに準備委員会一同、大変うれしく思っております。

はじめに、理事長の長嶋紀一先生(日本大学)より基調講演が行われました。

続くシンポジウムでは、黒川由紀子先生(慶成会老年学研究所/上智大学)、佐藤眞一先生(大阪大学大学院)、加藤伸司先生(東北福祉大学/認知症介護研究・研修仙台センター)がシンポジストを務めてくださいました。これからの老年臨床心理学の方向性や、学会の意義について、フロアからの活発な発言もいただき、大変有意義なシンポジウムとなりました。

基調講演

理事長 長嶋紀一先生

演題

日本老年臨床心理学会の意義

シンポジウム

シンポジストによる話題提供では、臨床心理学領域、老年学領域、福祉領域のそれぞれの領域から、学会への期待と課題を提言していただきました。

シンポジウム

参加していただいた方から、活発な発言をいただき、盛会となりました。

副理事長の長田久雄先生より閉会のごあいさつをいただきました。

懇親会

懇親会には、当日参加も含めて、予想を上回る出席をいただきました。

参加者の皆様から学会への期待を直接聞かせていただき、いよいよこれから、と気持ち新たにすることができました。